HOME - 弁護士コラム一覧 - 2018-07-03

弁護士コラム

弁護士一日日記 平成30年7月度【2018.6.12、何も変わらなかった?世界の景色】

弁護士1日日記 平成30年7月度
2018年6月12日、何も変わらなかった?世界の景色
朝鮮半島の「非核化」をテーマとした米朝会談が6月12日、シンガポールで開催された。
世界中が世界史的変化を期待し、見守った会談となったが、「会った」と言う以上の変化は起こらなかった。
会談前に日本の抱える「拉致問題」も取り上げるという触れ込みが有り、何か変化が有るかと期待されたが、「2国間の問題」として残った。
変化を期待する方が甘いというべきか。
それでも表向きは昨年の今頃の緊張感から解放されただけでも幸せと言うべきか。
世界中が緊張感から解放されている間に北朝鮮はまた、地下で準備を続け、力をつけて、国際社会に対し、制裁措置の解除を迫って来る(脅迫外交)のではないかと恐れる。
「もりとも問題」でボディーブローを受け続けている安倍内閣のもとで日朝会談が進むのか不安が募る。

それはともかく、今朝のワールドカップ「ベルギー対日本」の戦いを3時から5時まで見続けた。
後半戦冒頭で2点を取った時点で日本中が勝利を確信したのではないか。しかし、世界ランク3位のベルギーが怒涛の3点を奪い勝利をものにした。
日本は小柄な日本人の純血チームなのに対し、ベルギーが国際色豊かな混血チームのように見えた。
高さ・体力の違いが後半戦にもろに出た形となった。日本は見事に戦ったと思う。日本中が納得したのではないか。
選手・監督も胸を張って帰って来られると思う。どのチームも自国の名誉を担って、必死に戦っているのだ。
国際社会がスポーツの場で戦う事は勝者に名誉を与え、敗者にねぎらいを贈ることが出来る素晴らしい場所だ。
自国の利益のために、他国を武器を以って攻撃する事は、悲劇をもたらすのみであり、国際社会から排除されるべき行動だ。
人間の進化・成長を期待したい。
 
平成30年7月3日
                        弁護士 加 藤 謙 一

(2018-07-03)

法律相談

事務所のご案内

コラム

法律相談のご予約は電話番号:059-227-6951まで。必ずお電話にてご予約ください。